1. プレスリリース2007年08月23日
  2. >
  3. ニュース
  4. >
  5. TOPページ

PressRelease プレスリリース

「技術、超高速ハイブリッド・データベース「Altibase(アルティベース)」の
出荷開始を発表

メモリーデータベースソリューション事業を展開する株式会社シアンス・アール(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:平岡秀一)は、Altibase Corp. (アルティベース社、Korea, President & CEO:Gi-Wan Kim)のハイブリッド・データベース「Altibase」の出荷を2007年9月3日より開始します。

「Altibase」は、国内外のミッションクリティカルな金融・通信・製造・サービス分野の50以上のサイトで150システム、5,000を超えるライセンスが稼動しています。

「Altibase」は、新しいコンセプトのデータベースとして、高速なオンメモリー処理に最適化されたメモリーデータベースエンジンと、大容量のディスクデータベースエンジンを併せ持つハイブリッド・データベースです。特徴として、高速処理が必要なデータはメモリーデータベースエンジンで処理でき、それ以外のデータはディスクデータベースエンジンで処理できるため、大規模なデータベースシステムでも柔軟に性能向上が実現できます。また、従来のデータベースと、オンメモリーデータベースを別々の製品として導入する場合と比べ、導入、及び、運用管理コストを半減することができます。



  • 柔軟なアプリケーション開発をサポート

  • アプリケーションは、アクセスするデータがオンメモリーデータなのかディスクデータなのか意識する必要はありません。また、リレーショナルデータベースの業界標準である SQL92 にフルスペック準拠。ビュー、トリガ、ストアドプロシージャ、シノニム、メッセージキュー、ODBC/JDBC、C/C++ プリコンパイラ(組込SQL)、CLI、LDAP、XAなどのインタフェースをサポートしており、既存のデータベースアプリケーション資産を有効に活用することができます。さらに、クエリーオプティマイザもルールベース、コストベースに対応し、ローカル接続に加えリモート接続での性能向上についても従来のメモリーデータベースの弱点を克服しています。


  • 堅牢性と高可用性を実現

  • 万が一システムがダウンした場合でも、チェックポイント&ログファイルによりメモリーデータもディスクデータも障害が発生した直前の状態に復旧できます。データベースの可用性と負荷分散を実現する機能として、最大で32台までの冗長構成をとることができます。


  • 製品価格

  • Altibase RDBMS Server データストアサイズによる*/Processor** ~
    Altibase RDBMS Replication(オプション製品) データストアサイズによる*/Processor** ~


  • 会社概要

  • 株式会社シアンス・アール
  • 設立
    2003年9月19日
    資本金
    10,000万円
    代表取締役社長
    平岡 秀一
    本社所在地
    〒151-0061 東京都渋谷区初台1-51-1 初台センタービル
    事業内容
    ソフトウェアライセンス販売事業、ソフトウェアサービス事業、ソフトウェア製品の開発事業

  • Altibase Corp.
  • 設立
    1999年11月
    資本金
    20億ウォン
    President & CEO
    Gi-Wan Kim
    本社所在地
    Guro-gu, Seoul, Korea
    事業内容
    ハイブリッド・データベース「Altibase」の開発、及び、韓国国内でのソフトウェアライセンス販売とソフトウェアサービス事業

  • プレスリリースに記載されている情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

↑ページTOPへ

  • ニュース